酸化を抑えて老化進行をとめよう!杏仁オイルはイボまで治す

ビタミンcを肌の内部に

女性

肌質に合わせて使い分け

ビタミンc誘導体とは、肌の内部の酵素に反応してビタミンcとなる成分です。昨今では、これがローションや美容液など、多くの基礎化粧品に配合されるようになっています。というのもビタミンcには、肌の内部の余分な酸素と結合することで、シミやくすみやシワを防ぐ力があるからです。しかし肌に塗ったビタミンcは、浸透する前に空気中の酸素と結合してしまいます。そのため基礎化粧品には、肌の内部に到達してからビタミンcとなるビタミンc誘導体が配合されているわけです。ビタミンc誘導体には、油に溶けやすい性質をしたものと、水に溶けやすい性質をしたものとがあります。これは、肌の皮脂量や水分量が、個々によって異なっているからです。したがって皮脂が多い人にとっては、前者が配合された基礎化粧品の使用が適していると言えます。逆に皮脂が少ない人の場合、後者が配合された基礎化粧品を使用すると、効果が出やすいと言えるのです。また皮脂の量は、前日の食事や睡眠時間などによって、ある程度変化します。そのため変化が著しい人の場合、前者と後者の両方を買っておき、その日の肌のコンディションに合わせて使い分ける必要があります。そのため昨今では、皮脂にも水分にもスムーズに溶けるタイプの、新型ビタミンc誘導体が配合された基礎化粧品も販売されるようになっています。もちろんいずれの場合も、高濃度で配合されているものを使用した方が、高い効果が期待できるようになります。したがって、少なくとも1〜2%は配合されているものを選ぶことが大事です。

Copyright © 2017 酸化を抑えて老化進行をとめよう!杏仁オイルはイボまで治す All Rights Reserved.