酸化を抑えて老化進行をとめよう!杏仁オイルはイボまで治す

きれいなお肌を維持したい

毎日メイクをしている人は、毛穴の開きや黒ずみなどが気になっている人が多いです。ビーグレンの基礎化粧品は、洗浄力がマイルドな洗顔石鹸やお肌に浸透しやすいローション、クリーム、目元専用の美容液などが豊富に販売されています。

おすすめのオイル

化粧水

様々な効果や効能

杏仁オイルとはその名前からもわかる通り杏子の種からつくられたオイルです。アプリコットオイルとも呼ばれており、5種類の高級脂肪酸が含まれています。まず最初に挙げる高級脂肪酸はパルミトレイン酸で、肌を若々しくする効果があります。また皮脂の酸化を抑えるオレイン酸や皮膚の老化を防ぐリノール酸の他に、保湿効果があるステアリン酸や紫外線から肌を守るパルミチン酸も含まれています。杏仁オイルが持つ効能として最も注目されているものはイボの改善です。イボができてしまったところに杏仁オイルをなじませて軽くマッサージするというケアを続けると、イボをとることができると言われています。イボの除去施術は一般的にレーザーで行われることが多く、外科的な施術に抵抗があるという人にはぜひ杏仁オイルの使用をおすすめします。杏仁オイルにはイボの改善の他にも、シミやソバカスに効果があるとも言われています。新陳代謝を促進するため美白にもつながり、ビタミンやミネラルといった栄養価が高いため肌の栄養分を補うクリームとして使用するにも最適です。さらに杏仁オイルにはパルミチン酸が含まれているため、紫外線から肌を守るという働きもあります。杏仁オイルを肌に薄く塗ってからメイクをすれば、サンクリームの代わりとしても使用することができて便利です。このように杏仁オイルには様々な効果や効能があり、使用範囲の広い便利なオイルであることがわかるはずです。

ビタミンcを肌の内部に

シミやシワを防ぐ基礎化粧品の多くに、肌の中でビタミンcになるビタミンc誘導体が配合されています。油に溶けやすいものと水に溶けやすいものとがあり、肌質に合わせて選択する必要があります。中には、両方に溶けるビタミンc誘導体もあります。いずれも、濃度1〜2%以上のものを使うと効果が出やすいと言えます。

季節の特徴を踏まえた商品

秋に発売されるコスメは、季節に生じがちな肌トラブルに注目して開発されています。乾燥や肌の再生リズムの乱れを改善し、潤いと透明感のある肌を作り上げます。さっぱりめのテクスチャーが多く、快適なケアが可能です。

Copyright © 2017 酸化を抑えて老化進行をとめよう!杏仁オイルはイボまで治す All Rights Reserved.